このページの先頭です

毛穴対策の知識|毛穴パックの正しい使い方・使用頻度・アフターケア

214views

投稿日:

毛穴パック使用時のポイントは3つ

毛穴対策として毛穴パックをするときには、大切なポイントが三点ほどあります。

患部を蒸らしてから使用するのが正しい使い方

毛穴パックを使う際には、患部を蒸らしてから使用するのが正しい使い方になります。毛穴パックを使って毛穴のケアをする際、しっかり毛穴の汚れを吸着してもらえないと意味がありません。しっかり毛穴の汚れを吸着するためには、毛穴の奥深くまで、毛穴パックの吸着部分を届けていかないとなりません。しかし、毛穴が開いていないとまずそれは無理になるでしょう。

なので、毛穴パックを使う際には、それを貼ろうと思っている患部に濡れタオルをあてたり、あるいは温かいお湯をある程度の時間あてたりして、毛穴を開いていかないとならないのです。これは、毛穴パック以外においても大切なことです。たとえば背中ニキビの対策をしていこうと、背中ニキビに効果的なボディソープを使用していたとします。

でもそんな背中ニキビに効果的なボディソープでも、毛穴が開かれていない状態で使用していたら、その分洗浄力も効果が発揮されづらくなるのです。毛穴を綺麗にするためには、毛穴を開いてからケアしないとならないと覚えておくと良いでしょう。

使用頻度は月1程度

毛穴パックの使用頻度は、月1回程度が適切です。それ以上の頻度で毛穴パックを使用していても、ただ肌を傷つけてしまうだけになるでしょう。だから頻度を多くしてもいいことはまずありません。肌にはターンオーバーというものがありますから、そのサイクルに合わせて行うのが、もっとも適切な頻度になるのです。それが月に1回程度の頻度になります。

使用後にはかならず毛穴を閉じる

毛穴パックを使う際に特に大切になるのが、使用後のケアになります。毛穴パックを使用すると、毛穴から無理やり汚れなどをかきだした状態になります。開かれた毛穴から汚れを無理やりかきだしていくのですから、当然パックを剥がした後にも毛穴は開いたままになります。でも、開いたままの状態でほうっておくと、やはり開いた毛穴にまた別の汚れなども詰まりやすくなりますし、毛穴がすごく目立つようになるので見た目的にも悪くなります。

なので、毛穴パックを使用した後には、しっかりと毛穴を閉じていかないとならないのです。毛穴を閉じる方法は、別段難しいことはありません。たとえば冷水でしっかり締めるようにしたり、あるいは毛穴を引き締める効果のある化粧水を使ったりすると効果的です。

正しく使わないと逆効果になる

毛穴パックはたしかにすごく便利ですし、それを使うとごっそり毛穴の汚れなどもとれていきますから、なんとなくすごく効果的な毛穴対策のように思えるものです。でも正しい使い方をしないと逆効果になることもあるのです。

しっかりと蒸らしてから使わないと、毛穴の奥深くの汚れどころか、肌に必要な皮脂だけを奪ってしまうこともありますし、使用頻度を無駄に多くしても同じようになってしまう可能性は高いです。なので、そうならないように、ポイントをおさえて正しく使用していく必要があります。

他の方法のケアも併用するべき

そうして正しい方法で使用するとやはり毛穴ケアが1ヶ月に一度くらいしか出来ないことになります。そもそもあまり毛穴が汚れていないのであればそれでも問題はないかもしれませんが、毛穴パックを使いたいと考えている時点で、やはりそれなりに毛穴の汚れは目立つ状態なのでしょう。

それならばやはり月に1回の毛穴ケアでは物足りないところがあると言えます。たとえば毛穴洗浄力の高い洗顔料を使用したり、食生活に気をつけてみたりと、日常の中で日々できるようなケアも積極的に行っていくべきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です