このページの先頭です

毛穴対策は食生活から【開き毛穴に効果的な食べ物・控えたい食べ物】

198views

投稿日:

開き毛穴に効果的な食べ物

顔のニキビや背中ニキビの原因は開き毛穴です。開き毛穴を予防し、改善する栄養素がいくつもあります。これを含む食材を積極的に取ることで顔のニキビや背中ニキビができない対策を取り、肌の状態を正常に保つことができます。

ビタミンAを含む食材

ビタミンAは肌のターンオーバーを正常化する働きがあります。28日周期で肌は新陳代謝を行っています。このターンオーバーが乱れるとなかなかニキビは治りません。周期がきちんと保たれることで、ニキビが発生した肌が生まれ変わって新しい肌へと変化するのです。ビタミンAを含む食品はニキビ対策に効果があります。

食材例: ホウレンソウ、にんじん、トマト、レバー、卵、うなぎ、あなご、牛乳

メニュー例: ホウレンソウのオムレツ、レバニラ炒め

ビタミンB群を含む食品

肌に過剰な皮脂が発生することで毛穴がつまりニキビが発生します。これを防ぐ働きを持つ栄養素がビタミンB群です。毛穴がつまる原因である過剰な皮脂を抑えることで、ニキビが悪化するのを予防してくれます。ビタミンB2は過剰な皮脂を抑える働きを持ち、ビタミンB6は肌のターンオーバーを促進する役割があります。毛穴の炎症が発生する前に鎮めることでニキビの悪化を防ぐことができるのです。

食材例:(ビタミンB2) 卵、納豆、うなぎ、モロヘイヤ、とうがらし、チーズ、アーモンド(ビタミンB6)牛肉、豚肉、鶏肉、まぐろ、さんま、ゴマ、にんにく

メニュー例: さんまの塩焼き、牛肉とモロヘイヤの炒め物、

ビタミンCを含む食品

発生したニキビにメラニン色素が沈着すると肌が黒ずんでしまいます。これを改善する働きを持つ栄養素がビタミンCです。ビタミンCには肌のハリ・コシといった弾力のもとになるコラーゲンの生成を促す働きもあるので、ニキビ跡の肌の状態を改善する効果もあります。ビタミンCは熱に弱い栄養素なので、加熱する場合は素早く調理することが大切です。

食材例: レモン、ピーマン、ブロッコリー、キウイ、キャベツ、いちご

メニュー例: キャベツとピーマンの肉炒め、キウイといちごのヨーグルト和え

ビタミンEを含む食品

ビタミンEはホルモンバランスの乱れを改善する働きがあります。適正なホルモンバランスを保つという重要な役割です。ニキビができる前の段階で、毛穴に汚れやばい菌が入って角栓ができるのを防げます。この働きによってニキビのできにくい状態に肌を保つことができるのです。ビタミンEは酸化しやすい栄養素なので、新鮮な素材を使って下さい。ビタミンCを含む食材と一緒に摂取すると効果的です。

食材例: じゃがいも、さつまいも、アーモンド、落花生、かぼちゃ、うなぎ

メニュー例: かぼちゃの煮物、ポテトサラダ

開き毛穴を悪化させる物はこれ!控えたい食べ物

顔だけじゃなく背中のニキビもそのままにしておくと悪化します。乱れた食生活が原因で背中ニキビが発生することもあるので、控えたい食べ物もここで紹介していきます。今までの食生活を見直し、ニキビの対策を行うことが重要です。

糖質と脂質の多い食品

お菓子や揚げ物はこの代表です。過剰な油脂の原因にもなるため、食べる量は控えて下さい。

食品例: お菓子、ケーキ、フライドポテト

刺激物

香辛料を使った料理は胃や腸に負担をかけます。ホルモンバランスも乱れやすくなるので、辛い物が好きな方は注意が必要です。

食品例: カレーライス

カフェインやアルコールを含む食品

皮脂の分泌を増やす原因なので、コーヒーの飲みすぎには注意して下さい。お酒も適量であれば問題ないのですが、糖分をかなり含んでいます。飲みすぎることで、毛穴が拡張して皮脂がたくさん分泌されることがあります。またできてしまったニキビの炎症を悪化させるため、アルコールもできるだけ控えて下さい。

食品例: コーヒー、ビール、ウィスキー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です