このページの先頭です

今すぐ隠したい気になる毛穴は化粧で対策!メイクのポイントまとめ

789views

投稿日:

化粧で毛穴を隠すポイント

デコボコみかんタイプの毛穴はシリコン系化粧下地とパウダーファンデ

デコボコみかんタイプの毛穴は皮膚のたるみや毛穴ケアのしすぎでなりやすく、毛穴が丸に近い形に開いているので間近で見ると肌の凹凸が激しいでしょう。顔の中では頬、とくにほうれい線の辺りがデコボコみかんタイプの毛穴になりやすいのです。せっかく綺麗にファンデーションをはたいても、時間が経つと毛穴にファンデーションが落ちて余計に毛穴のデコボコが目立っている状態になります。

デコボコみかんタイプの毛穴対策には、保湿成分配合のシリコン系化粧下地です。毛穴を埋めつつ毛穴とそうでない部分のデコボコをなくすため、シリコン系化粧下地を毛穴へ叩き込むように、人差し指や中指の腹を使って少量ずつトントンと押し込むように塗りましょう。そして保湿成分配合の化粧下地を使うことで、乾燥して毛穴状態が悪化することを防げます。

また、ファンデーションはパウダータイプがおすすめです。光反射効果の期待できるパウダーファンデーションで、毛穴を反射で見えにくくしましょう。パウダーファンデーションでは肌がどうしても乾燥してしまうなら、リキッドファンデーションを使用してください。肌に塗る場合には、指よりもファンデーションブラシを使用すると均等に塗ることができます。

ブツブツいちごタイプの毛穴は脂質肌用化粧品を部分使い

ブツブツいちごタイプの毛穴はデコボコみかんタイプの毛穴に古い角栓、皮脂が詰まっている状態で、角栓や皮脂が酸化して黒ずむことから間近で見ると肌に黒い点々があり、果物のいちごのようです。顔の中では額、鼻の頭、顎がブツブツいちごタイプの毛穴状態になりやすく、濃い化粧をしても隠しきれずに毛穴の黒いブツブツが目立ったり、時間が経つと毛穴から皮脂が浮き出てファンデーションが毛穴浮きすることがあります。

ブツブツいちごタイプの毛穴対策なら、脂質肌用の化粧品を部分使いしましょう。例えば顔のTゾーンである額、鼻、顎は皮脂が出やすい部分なので脂質肌用、目の下や頬、唇周りは乾燥しやすいので保湿性の高いシリコン系化粧下地を使うのです。化粧下地はなるべく薄づけでしっかりカバーできるものがおすすめです。

毛穴の黒ずみを隠そうとして厚化粧になると、皮脂が分泌されたときに毛穴浮きしやすくなるので気を付けましょう。塗るときは毛穴の向きに逆らう形で指で少量ずつ塗り込むと綺麗に毛穴を隠せます。ファンデーションは脂質肌用のリキッドファンデーションを使います。伸びが良くて肌密着率の高い液体状リキッドファンデーションなら、薄づきでも毛穴の黒いブツブツを隠すことができるでしょう。

毛穴対策でやってはいけないこと

皮脂の多いTゾーンにコンシーラーを厚塗りする

顔の中で皮脂が多く分泌されやすいのは額、鼻、顎のTゾーンです。このTゾーンにコンシーラーを塗りすぎてしまうと、毛穴浮きして化粧崩れを起こしやすくなります。なるべくコンシーラーを使わなくてもいいように、化粧下地で毛穴をカバーして、ファンデーションで色をコントロール、そしてルースパウダーで皮脂を抑えて対策しましょう。

ピーリングなどの毛穴ケアをやりすぎる

毛穴に詰まった古い角栓を取り除けば毛穴は綺麗になりますが、ピーリングや毛穴の汚れを強制的に取る粘着シートパックなどの毛穴ケアをやりすぎてしまうと、毛穴が開いて余計に酷い状態になってしまいます。毛穴に化粧下地が埋まっていたり鼻の頭が黒くなっていると気になるでしょうが、あまり毛穴ケアを頻繁に行わないようにしましょう。

因みに毛穴は顔だけではなく体、例えば背中にもあります。背中の毛穴も皮脂や角栓が詰まると背中ニキビになりやすいのです。その背中ニキビ対策にと背中をピーリングしすぎてしまうと、背中ニキビが悪化して潰れて跡になってしまうことがあります。

また、背中ニキビは顔のニキビとは原因菌が違います。背中ニキビはマラセチア菌、顔のニキビはアクネ菌です。背中ニキビ用のピーリングやニキビケアクリームを顔に使ったりなど、誤った毛穴ケア対策をしないように気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です